• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

すでにリフォームの工事が始まっている時

リフォームに限られている物ではないのですが、改めて説明すると、契約した後に契約者が何らかの理由で契約を破棄する事が出来る制度の事を指します。 条件を満たしている場合に適用される事なので、それなりの審査はあります。 主に悪質な業者からの防衛方法として用いられている事が多いです。 続きを読む

リフォームのクーリングオフって一体何?

リフォームの工事がすでに始まっている場合に、発注者側がキャンセルを申し出ても、このような場合にはクーリングオフ制度は適用されません。
何故かと言うのも、リフォームに必要な材料や人材が揃っており、家にも工事が入っている状態である為だからです。
期間内だからと言っても適用されない事が多いです。

リフォームはだたでさえ、高額なお金がかかるものです。
あまりにも業者の言う事を信じすぎて直さなくても良い所まで直してしまう人もいます。
クーリングオフは、そのような事を防ぐ為にも存在している救済制度でもあります。

適用になる場合にもいくつかの条件を満たしていれば可能なのですが、リフォームの場合には業者から進めて来たものなのか、もしくは自分からお願いしたものなのかによって適用の可否が問われてしまいます。
その為、そこらへんの線引きもしっかりしないといけません。
リフォームを行う際には、クーリングオフについての契約書もきちんと交わす事が多いです。

ですが、中にはきちんとした手順を踏まないで契約書を交わさないで話しを進めてしまう悪質な業者も存在してしまいます。
このような場合も、クーリングオフしたいと思っても適用されない事があると言います。
意外とトラブルの多いリフォームに関するクーリングオフですが、その多くの原因は業者側の行為が原因だと言います。
悪質な業者に気を付ける事が大切でもあると共に、クーリングオフについても自分で改めて学ぶ事も重要だと思います。

おすすめリンク

訪問販売のみが適用するそうです

リフォームでクーリングオフが適用されるのは、業者が直接家に訪問販売に来た場合のみになります。 訪問販売の場合には、利用者がリフォームする意思を必ずしも持っていたとは判断されない為です。 無理やりに話しを進めたと言う事もあるからです。 前の記事でも紹介したように、悪質な業者も多くいるからだと言われています。 続きを読む

クーリングオフの期間について

契約を交わした時から8日以内にクーリングオフについての内容証明書または法的な証明書で契約解除の意志を伝えれば契約を解除する事が出来るのです。 その場合には、業者側は無条件でクーリングオフを受け入れなければいけない決まりがあります。 この8日を過ぎてしまうと適用出来ないので注意しましょう。 続きを読む