訪問販売のみが適用するそうです

正確には3枚作成する事がベストです

証明書を作成する際には、3枚作成するのがベストだそうです。
その大きな理由は何かというのも、業者側だけにクーリングオフの証明書を送付しても、悪質な所だとそのまま破棄してしまい、クーリングオフを適用出来ないようにするからです。
そうすると、確かな証明書としていかなる理屈を付けられても堂々とクーリングオフを適用する事が出来ます。

近年になって、クーリングオフに関するトラブルも多い事から、消費者庁の方で証明書を作成する事を義務付ける動きが高まっているようです。
数年後には、法律によって制定される可能性もあるような気がします。
書き方については、今ではネットや消費者庁でも丁寧に教えてくれるそうなので参考にして見ると良いでしょう。

ソフトを使用すれば簡単に作成出来ます

今では仕事のほとんどは、パソコンで行うのが主流です。
その為、様々な証明書を作成する際にもソフトをダウンロードして作成するのが当たり前になりました。
その方が正確な証明書になりますし、ミスもなく作成出来ます。

今は、色んな証明書を作成するソフトが簡単にダウンロード出来るようになりました。
いちいち、購入しなくても無料で専用のサイトからダウンロードが可能なのです。
良い物を使用すれば、宛名は既に記載されている事もありますし、結構短時間で作成が出来てしまうようです。

書き方についても音声で丁寧に教えてくれるソフトもあるみたいです。
少し前までは、手書きで書くのが普通でしたが、その場合だとミスがあれば何回も初めから書き直さないといけないので大変でした。